Transform

書籍の感想をいただきました《第2弾》

《40代 男性 会社経営者の方からのご感想》

2/27に発売された書籍「ドラッカー・スクールのセルフマネジメント教室」を読んでくださった方から素晴らしい感想が届いたので、紹介させていただきたいと思います。
(感想を送ってくださった方の許可を得て掲載させていただいています)

望む結果を得るためには、今までの「当たり前」を見直してみる。
日常的にできそうで意外と難しい、でもできた先に見える新たな可能性に思いをはせたくなります。

************************************************

【学校でも社会に出ても教わらない、だけど本当に大切なことがつまっている1冊】

変化が激しく、思考や論理に支配されている世の中で、今までの習慣や成功体験が足かせになって新たな選択肢を生み出せない。そんな人(自分を含む)に希望の光をくれる1冊。
とても多くのヒントをもらったが、その中で特に大事だと感じたこと。

「まず自分自身をマネジメントできなければ、他者をマネジメントすることはできない」と言うピーター・ドラッカーの主張は、本当に的を射ている。しかし、多くの企業やそこに所属する人たちは、自分以外の何か(人や環境)何とかしようと躍起になっていて、自分自身に意識を向け自ら変化していくことを無視する、もしくは疎かにする。
セルフマネジメントは、自分の内面に気付き理解していくスキルを身につけること。激しく変化する状況のなかで、自分の望む結果を出すこと。そして、自分の思考だけでなく、感情や身体感覚にも意識を向けることが重要。このように自分自身に気付いていることは、自分にとってだけでなく、他者との関わりにおいてとても大切なスキルであり、自分を理解すると周囲の人たちや顧客といった他者への理解が深まり、新たな発想や行動の変化にもつながる。

どんな瞬間でも、人は何かしらの選択をしている。その選択から行動が生まれ、結果を得る。しかし、その選択肢をクリアにすることの重要性や、結果を情報として捉え次に生かしている人は少ない。さらに、自分が何を意図していたかを明確にせず、ぼやけたまま過ごしている人も多く、その中で望んでいない結果を繰り返している。
望む結果に辿りつくには、やり方がある。しかし、今までと違う行動が必要だとわかっていても、人は無意識的にフィルターを通して物事を見てしまうために、自ら選択肢を限定してしまい、結果が出せない状態に陥っている。
これらはまさにその通りであるし、今までそれが当たり前だと思って生きてきている。とても多くのヒントが詰まっているが、著者が何度も言っているように、実践の中で何度も繰り返す必要があると感じた。

***************************************************

この方の感想をご覧いただいて、「読んでみたい」と思った方はこちらからご購入いただけます
Amazon: https://amzn.to/2QNd8cf

みなさまの感想をお聞かせください。
感想をいただく方法はAmazonのレビューでも、ウェブサイトのコンタクト(https://transform-your-world.com/#contact)からでもどんな方法でも構いません。
みなさまの感想が著者達の大きな励みになります。お待ちしております。